魅力あるオフィスづくりに必要なものとは

魅力的なオフィスは、業務の生産性向上だけでなく、優秀な人材を集めることにもつながります。
誰もが「ここで働きたい!」と思うような魅力的なオフィスにするには、
コンセプト、レイアウト、効率的な動線など、
いくつかのポイントをおさえて工夫することが基本です。

そして、働く人の生産性や創造性をアップするには、使う人が気持ちよく過ごせる空間をデザインする必要があります。
仕事に集中でき、居心地も改善する空間デザインは、人と人とのコミュニケーションを円滑にし、
数字に表れない部分にまでも多くの恩恵をもたらすようになります。
私たち時空貫では、オフィスのデザイン設計から工事、アフターフォローまでのトータルな提案で、
オフィスの未来と真摯に向き合い、お客様のご希望を最大限に満たします。

オフィスレイアウトは社員の生産性が上がるように動線を考える事が重要です。オフィス内の移動がラクで、迷路のように複雑でなく回遊もできてスッキリと見えるようレイアウトしましょう。

・・・つづきはこちら

働く人の生産性や創造性をアップするには、空間デザインを用いたオフィス設計が必要となります。空間デザインは使う人が気持ちよく過ごせる空間をつくり人の感覚に訴える力があります。

・・・つづきはこちら

デザイン会社にオフィスのデザインを依頼した場合、どのようなスケジュールで工事は行われるのでしょうか。基本設計からアフターフォローまで大まかな流れ(フロー)をご紹介します。

・・・つづきはこちら

デザイン性の高いオフィスは、社員のモチベーションや社員間のコミュニケーションを向上させます。それによって、生産性が高まり、会社全体の利益増加に繋げていくことができます。

・・・つづきはこちら

オフィスの第一印象は、仕事にも影響するほど大事なものです。オフィスの印象はデザインや、ちょっとした物の位置を変えることによって、大きく変化させることが出来ます。

・・・つづきはこちら

年齢や障がいの有無に関係なく、みんなが快適に過ごせるユニバーサルデザインを意識したオフィスが求められてきています。社員が働きやすい空間作りが重要です。

・・・つづきはこちら

レイアウトによりイメージをまったく変えられるのがパーテーションを利用したオフィスづくりです。目的によってパーソナルスペースを確保しながら開放感をも実現できます。

・・・つづきはこちら

オフィスの雑多な物品や書類を格納するには業務内容や必要性に応じた戦略が必要です。仕事の流れが滞らないような的確な収納を考えることが、業務の効率化につながります。

・・・つづきはこちら